読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーガレット・ワイズ・ブラウンが割引不要の納得価格!

子供たちへのクリスマスプレゼントとして購入しました。娘もこの本大好きになったといって気に入ってくれたので良かったです。途中まで ページを進めていくと 手が止まってしまいました。

こちらになります!

2017年04月05日 ランキング上位商品↑

マーガレット・ワイズ・ブラウンちいさなもみのき [ マーガレット・ワイズ・ブラウン ]

詳しくはこちら b y 楽 天

某ショッピングセンターでも使用した生クリスマスツリーを返却するイベントをやっているようです。お話は小さな子供に読み聞かせするには少し長くて退屈かもしれません。今頃クリスマス絵本が届いた甥っ子はどんな気持ちなんでしょう?!クリスマスギフト包装を300円出して頼んだのですが!包装はサンタさんやトナカイの付いている赤や緑の包装なんでしょうか?!季節商品は確実に確保できないなら本来予約も受け付けるべきでは無いと思います。。途中はどきどきしましたが最後はハッピーエンドでよかったです。お話がすすむにつれて大人の私(話のストーリーを知っているにも関わらず)もドキドキしました。この作者の「おやすみなさいおつきさま」が好きだったので購入しました。4歳からと書いてあったのですが少し早かったかな。小学一年生の姪に!プレゼントしました。感動的なお話です。あわせて購入してみてはどうでしょうか。クリスマスプレゼント用に購入しました。優しい心をずっと持ちつづけてもらいたくて。内容は心温まるいいお話です。また絵も現実的な絵で色も少なく、この本は自分で読んで考える事のできる年齢の子が読むとよいと思いました。作者のマーガレット・ワイズ・ブラウンは!「おやすみなさいおつきさま」(雅子妃が幼少に愛読されてた絵本)の作者としても有名です。クリスマスの本というと、サンタやプレゼントを扱う本が多いですが、この本はクリスマスツリーの本になっています。シックな色使いと、ほのぼのとしたストーリーはクリスマスプレゼントにピッタリ。クリスマスのお話にちなんで プレゼントとして 買ってみました。クリスマスツリーのお話です。クリスマスイヴにこの絵本が届いたのですが何だかとても大切な時間をプレゼントされた気がしました。幼稚園で読んだそうなのでこちらに決めました。絵本好きで毎年クリスマスには関連の本を買っていて今年はこの本にしました。気に入って何度も読んでいるようです。クリスマスが待ち遠しくなるような本を娘に探していたのですが!この本を見つけ幼い頃読んだのを思い出し!購入しました。どうして?どうして?そして 最後まで お話を進めていくと・・そうだったのか!!あとから あとから 考えて・・・本に書かれていない部分を 想像してしまいます。どんなことが 子どもの中で 起きたのだろう?そして この子のお父さんの願いが かなったんだな〜 もみの木に まつわる 美しい親子愛の お話しかも しれません。優しい絵にすてきなお話でとってもよかったです♪ただ、2歳の娘には少し長すぎたかな??もみの木と足の悪い男の子の関係が温かく描かれており、読んでいて優しい気持ちになります。喜ぶ顔が楽しみです♪教室に置くため購入しました。12月16日に甥っ子にクリスマスプレゼントにと注文したのですが!再三の問合せに対し1月7日にようやく「商品の1部が確保できずキャンセルさせていただきます」の知らせ。天下の楽天と過信し過ぎました。クリスマスが近いのでクリスマスにちなんだ絵本を・・と思って購入。星1つもあげたくないくらい憤慨しています。レビューで期待してましたが合間に楽譜が載っていて少々読み聞かせには難しい(唄えないので・・・)感じでした。